あごを出すには生活習慣の見直しを

毎日の生活から取り組めるあごを出す方法

あごがないことに悩んでいる人でも、本当にあごそのものがない人はいないはずです。あごがないように見える人は、顔や体の歪みが原因です。それを解消することが、あごを出す最も一般的な方法となります。

あごを出すには自分の普段の過ごし方と表情を変えてみよう

あごを出すには特別なことをする必要はなく、普段の自分の生活を改善することでその悩みが解消されることが多いです。現代社会ではパソコンやスマホが当たり前にあるので、猫背など姿勢が悪い人を多く見かけます。猫背は首の骨が前になり、あごが開きにくい原因となります。この状態が長く続くと、食事などの日常生活にも悪影響が出てくる場合があるので、日頃から背筋を伸ばして生活を送るように意識することが重要です。また、普段の表情がキス顔のような口元が突き出ている顔つきになっている人は、口元を引っ込めることもあごを出すには効果的です。知らない内に口がぽかんと開いてしまう場合は、口をしっかりと閉めることを心掛けます。このように、普通の状態で自分がどのような顔をしているのか鏡でチェックし自然の状態に矯正することで、あごが元の位置に戻るのです。

あごをしっかり使い噛むことを意識づけよう

あごは食事をする上で、非常に重要な役割を果たしています。だからこそ普段の食事でよく噛み、固いものを意識して取り入れてあごを使ってあげることが大事です。しかしながらあごがない人は柔らかいものばかりを食べたり、あまり噛まずに飲み込んでしまう場合が多いのです。スルメやせんべいを習慣的に食べることにより、あごが出てくるようになります。またその際に、決まった歯ばかりで噛まないように注意します。歯を使うバランスが悪いと片方の筋肉ばかりが大きくなり、それが歪みとなり結果としてあごがないことに悩まされます。あごを出すには、左右の奥歯や前歯などあらゆる歯を使ってよく噛むのを食事の際に意識することが健康にもあごにも良い、まさに一石二鳥です。

あごを出すための最終手段とは

毎日の生活を正してみても、あまり効果が得られない場合は病院や施術に踏み切ることになってしまいます。歯科矯正で歯並びを正すことがその方法の一つです。あごがない人は口が前に出ている状態、つまり出っ歯なことが多いです。だからこそ相対的に、あごがあるのにないように見えてしまうのです。また人によっては賛否両論ありますが、整形外科を頼るという手もあります。そのメリットは効果が早めに期待でき、確実であることです。そのデメリットは、定期的なメンテナンスが必要であることに加え、期待通りの結果を得られなかったとしても元には戻らないことです。歯科矯正と整形は高額なお金がかかりますが、手っ取り早くあごを出す方法でもあるので、あごがないことに大きなコンプレックスを抱えているのなら、検討してみる価値はあるはずです。