あごを出す手術と引っ込める手術

あごを出すと横顔美人に!

あごの形は、フェイスラインを決める上で重要なポイントです。
綺麗に出たあごのラインは横顔にも自信が持てます。
ここでは、あごを綺麗に出す美容整形手術についての方法やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

Eラインとはなに?

Eラインとは、鼻先から唇・あごを結ぶラインが横から見てアルファベットのEのように見えることから名づけられました。
Eラインが綺麗に出来ていると横顔にメリハリがでて知的な印象に映ります。
ここで多いのが、鼻先はしっかり出ているけれどあご先は出ていないというケースです。
このようなお悩みを解決するには、美容整形手術によってあごを出すことが可能です。
用いられる方法は人によって様々ですが、一般的には「顎プロテーゼ」「顎骨切り法」などが使われます。
顎プロテーゼよりも骨切法の方が高度な技術を要するので、クリニック選びなどは慎重に行う必要があります。
なお、あごに関する手術は頬・エラ部分の手術と併用されることもあります。

あごプロテーゼのメリットなど

あごプロテーゼは、あごを前に出す・割れているあごを綺麗なラインにする・あごが短いことでお悩みの方に選ばれている方法です。
プロテーゼとは、人工の骨のことで体に入れても異物反応が出ないのが特徴です。
この素材を顎の骨の上に挿入をして、患者の希望するフェイスラインにすることができます。
あの整形に使われる方法の中で、シリコンやヒアルロン酸などがありますがこちらは体内に吸収されるのが早いため、短いスパンで施術を受け直す必要があります。プロテーゼは素材を取り出さない限りはずっと残るのがメリットです。そして、この素材は口の中を切開して挿入するので顔の外側からは手術痕が見えないのも魅力の1つです。
しかし、感染症や顔面麻痺といったリスクがあります。

あごを出す以外の治療法

あごの整形手術には、出すだけでなく引っ込めることも可能です。
その中に、「セットバク」と呼ばれる方法があります。この手術は、受け口でお悩みの方に適用されます。
受け口とは、前歯よりも下の歯が前に出ていることなので、噛み合わせも悪い事が多いです。
この手術は左右の下の歯を1本ずつ抜いて、開いた隙間部分のあごの骨を切って、あごの骨と歯ごと一緒に後ろに動かして固定します。
なお固定の時に使われる「プレート」は、医療用のチタン製のものなので体内に入れても安全性が高いです。
しかし、全身麻酔を使った手術となるので患者の身体的な負担は大きい傾向にあります。
そして人によっては、手術後に歯列矯正が必要になることもあります。