引っ込んだあごを出すために

あごを出すために行えるおすすめの方法

人間の骨格は人によって異なりますが、あごが引っ込んでいることで悩んでいる人も少なくありません。しかし、あごの引っ込みは原因を知ることで改善することが可能です。今回はあごを出すために効果的ないくつかの方法についてご紹介します。

あごが引っ込んでいる原因と改善する方法

小顔の人に多いとされるあごが引っ込んでいる状態ですが、これには考えられるいくつかの原因があります。まずは遺伝的な体質です。人間の骨格は遺伝しやすいため、親があごが引っ込んでいる場合に子供がその骨格を受け継いでしまうといったケースも少なくありません。
もう一つは食生活による原因です。あごの筋肉は日常的に動かすことで鍛えられますが、小さい時から柔らかい物ばかり食べたり表情筋をあまり動かしていないでいるとあごが成長できずに小さくなってしまうのです。そのほかにも、歯並びが悪いとあごの成長に影響をすることもあるので気を付ける必要があります。
しかし、引っ込んでいるあごも施術や生活習慣によって出すことが可能です。

生活習慣によって改善する方法

あごを出したいと考えている人は生活習慣を改善することで可能になります。まずは、食生活によって改善する方法ですが、食事をする上での基本ともいえるよく噛んで食べることです。よく噛んで食べることは食べ物の消化を良くするだけでなく、あごを使うことにも繋がります。ほかの部位と同様に筋肉はよく動かすことで鍛えられるので、あごを出すためにもよく噛んで鍛えることが大切になります。
日常生活での姿勢も重要です。猫背のような前のめりの姿勢を取っていると、首周辺の筋肉を上手に鍛えることができません。歩く時や椅子に座る時に姿勢を正すことを意識することもあごを出すためのポイントです。
そのほかにも、市販の美顔ローラーによるマッサージや顔の表情を豊かにすることでも効果が期待できます。

クリニックで施術を受けてあごを出す

あごを出す方法の一つに美容クリニックで施術を受けるといったものがあります。あごを出す施術で比較的多く利用されるのが、レディエッセを注入する方法です。こちらは注射によってあごの骨膜にレディエッセを注入するだけなので、入院の必要もなく短時間の施術で終わります。事前の麻酔によって痛みを感じることもない上に効果が出るのが早いという点もメリットです。一度施術を行えば1年から1年半という長い期間効果が持続するので経済的な負担も少ないといえます。
レディエッセを取り扱っている美容クリニックは多くありますが、施術に掛かる費用はクリニックによってそれぞれ異なるため、ホームページなどで事前の確認をすることが大切です。